建築や製造に関わる仕事ならどのような種類の求人があるのか?

求人が増えている製造や工場での就職に有利な資格をチェック

建築や製造に関わる仕事ならどのような種類の求人があるのか?

建築に関わる仕事

建築や製造に関わる職業が種類がたくさんあります。その中でも建築に関わる施工管理は、現場監督という重要な役割を担っています。工事開始から完了までの工程管理から、現場の安全管理、品質管理などを行います。また現場の規模によって関わってくる職人や技術者の数も増えてくるので、より計画性のある現場管理が求められます。

施工管理技士の資格

施工管理の仕事に就きたいなら、施工管理技士という国家資格を取得する必要があります。その中には建築施工管理技士・土木施工管理技士など6種類があり、1級・2級と分かれています。1級を取得していると採用にも有利になってきます。

工場の勤務について

建築だけでなく、作業・製造に関する職業を希望する人も多く、京都でも求人数は増えています。仕事の内容は、工場内での作業から、商品の配送準備を行うフォークリフト、その商品を配送するドライバーも含まれます。工場勤務は稼働に合わせて勤務形態も異なり、夜勤や交代制のシフトを組んでいる所も多くなります。

工場勤務に有利!人気の資格TOP5

no.1

フォークリフト運転技能者

一番人気のある資格は、フォークリフト運転技能者の資格があります。工場だけでなく空港などでも活躍の場があるフォークリフトの仕事ですが、資格取得の合格率も90%以上と高く泣ているので取得希望者も多くなっています。

no.2

危険物取り扱い

その次に人気があるのが危険物取り扱いの資格です。取り扱う危険物によっても資格が異なってきます。ガソリンスタンドや石油貯蔵タンク、化学工場などがあり、危険物を取り扱う際には、資格所有者が必要となります。

no.3

電気工事士

こちらは、ビルや住宅の設備だけでなく工場の設備を安全に稼働していくためにも求められている資格となっています。資格には第一種・第二種がありますが、工場の電気設備を取り扱うには第一種免許が必要となります。

no.4

安全管理者

工場を安全に稼働していくために、安全にかかわる全般の管理をしていく仕事に必要な資格です。作業場所や作業方法に問題や危険性がないか確認します。工場にとっては従業員を守る大切な役割の職業です。

no.5

衛生管理者

工場などで管理者として勤務を希望する方に人気なのが衛生管理者の資格です。その資格にもレベルの違いがあり、衛生工学衛生管理者・第一種衛生管理者・第二種衛生管理者とあります。

広告募集中